>猫マニアの館
>CGI配布

SimpleBBSy01(シンプル掲示板)

サンプルと特長
  • シンプルなデザインのログ機能付き掲示板です。

  • サンプルは以下にあります。
     
    SimpleBBSy01

  • SimpleBBSy01の機能的な特長は以下のとおりです。

    1. アイコン表示可能なシンプルなデザインの掲示板です。
    2. 各記事に対して返信レスを付けることができます。
    3. 投稿記事を管理人に自動でメール通知させることができます。(sendmailの使えるプロバイダ)
    4. 管理人による記事削除が可能です。
    5. キーワードから過去の投稿記事のワード検索を行うことができます。
    6. 過去ログの自動生成が可能です。
    7. ミニカウンターがついています。
    8. MIDIファイルなどの音楽をつけることができます。

  • SimpleBBSy01は、KENT WEBさんのYY-BOARDをベースに改造したスクリプトです。機能的な特長のほとんどはYY-BOARDに基づいています。

  • このスクリプトの改造前のスクリプトを配布しているKENT WEBさんのスクリプト利用規定です。必ず目を通しておいて下さい。このスクリプトをダウンロードする場合、無条件にこの「利用規定」に同意したものとみなされます。

 

プログラムのダウンロード
  • 以下の書庫(LHA形式圧縮)ファイルをダウンロードしてください。

    LHA形式
    simplebbsy01v11.lzh
    ver1.1

  • ダウンロード後、解凍すると以下のファイルが展開されます。

    simplebbsy01.cgi...(実行ファイル)
    simplebbsy01.log...(データファイル)
    count.dat..............(カウンターデータファイル)
    pastno.dat ..........(過去ログ生成に必要)
    1.dat ........................(過去ログ生成に必要)
    jcode.pl .................(漢字コード変換ライブラリ)

  • アイコンを使用する場合には別途アイコン用の画像が必要になります。サンプルで使用しているアイコンは、スライム諸島の管理人さんからのいただきものです。

    CATSEAL-TOYTOY

プログラムの設置
  • ホームディレクトリ(ここでは public_htmlディレクトリとします)の下に、「simplebbsy01ディレクトリ」を作成、その下にロックファイル用に「lockディレクトリ」を作成します。家アイコン、画像アイコンを使用するときには、「imgディレクトリ」を「simplebbsy01ディレクトリ」の下に作成します。また、過去ログの生成を行う場合には「pastディレクトリ」を「simplebbsy01ディレクトリ」の下に作成します。
  • 全体のディレクトリ構成とファイル位置は以下のとおりです。(かっこ内はパーミッションの設定値)

    
    public_html / index.html (トップページ)
        |
        +-- simplebbsy01 / simplebbsy01.cgi [755]
             |     simplebbsy01.log [666]
             |     count.dat [666]
             |     pastno.dat [666](過去ログ生成時)
             |     jcode.pl [644]
             |
             +-- img / home.gif(家アイコン使用時)
             |         *.gif(画像アイコン使用時)
             |
             +-- lock [777] /
             |
             +-- past [777] / 1.dat(過去ログ生成時)
    

  • simplebbsy01.cgi をエディタ等で開いて設定箇所を必要に応じて修正します。(赤字が変更箇所)
    (注意すべき箇所を抜き出して書いています)

    #!/usr/local/bin/perl
     (プロバイダで定められたPerlへのパスを指定します)

    $title = "シンプル掲示板";
     (お好きなタイトル名に変更して下さい)

    $t_color = "#008080";
     (タイトルの色指定です)

    $t_size = '16pt';
     (タイトルの大きさをポイント数で指定します)

    $table_width= 445;
     (掲示板のよこ幅を指定します)

    $backgif = './kabe.gif';
     (壁紙を指定する場合にパス付きで壁紙を指定します。壁紙が不要な方はここは何も入力しないで下さい)

    $homepage = '../index.html';
     (戻り先のURLです。相対パスかhttp://からのフルパスで指定します)

    $max = 50;
     (最大記事数の設定です。これを超える記事は古い順に削除または過去ログに保存されていきます。あまり大きくするとサーバに負荷がかかったり動作が重くなりますので、最大でも100件程度にしてください)

    $pass = '1234';
     (記事削除のためのマスタパスワードです。半角の英数字でご指定下さい)

    $my_icon = 0;
    $my_gif = 'admin.gif';
     (記事投稿時に「管理者専用アイコン」を使用する場合は 1 とし、管理者用アイコンのファイル名を指定して下さい)
     (注:管理者は記事の投稿時には「削除キー」に管理用パスワードを入力すると管理者アイコンを選択できます)

    $lockkey = 0;
     (ログ消滅防止策としてのファイルロック機構の設定です。サーバでsymlink関数が使用可能であれば「1」を、使用できない場合又はよく分からない場合には「2」とします)

    @deny = (
    "anonymizer",
    "cache*.*.interlog.com",
    "211.17.60.*",
    "",
    "",
    "",
    );
     (アクセス拒否するホスト名を指定することが可能です。いくつでも指定は可能で、サンプルのようにワイルドカード(*)の使用も可能です)

    $pastkey= 0;
     (最大記事数を超える記事を削除せず別ファイルとして自動生成する「過去ログ機能」を使用するかどうかの設定です。過去ログ生成を行うならば「1」を、行わないならば「0」とします)

    $log_line= 500;
     (「過去ログ機能」を使用する場合に設定します。過去ログがこの行数を超えると次ファイルを生成します)

  • 以上、修正が完了したら simplebbsy01.cgi, simplebbsy01.log, count.dat, jcode.plを「テキストモード」で、home.gifなどのGIF画像を「バイナリーモード」にて、simplebbsy01ディレクトリへFTP転送し、以下のとおりアクセス権 (パーミッション)を設定します。
    過去ログ生成を行う場合はさらにpastno.datを「テキストモード」でsimplebbsy01ディレクトリへFTP転送し、1.datを「pastディレクトリ」に「テキストモード」でFTP転送して、以下のとおりアクセス権 (パーミッション)を設定します。

    ファイル名アクセス権
    simplebbsy01.cgi
    755
    simplebbsy01.log
    666
    count.dat
    666
    pastno.dat
    666
    1.dat
    666
    jcode.pl
    644
    lockディレクトリ
    777
    pastディレクトリ
    777

  • 以上、設定が完了したら「チェックモード」で動作チェックを行なってみましょう。

    【チェックモード】simplebbsy01.cgi の末尾に「?mode=check」と付けて呼び出す
    例 http://〜〜/simplebbsy01/simplebbsy01.cgi?mode=check

  • チェックモードが正常ならば、HTMLから simplebbsy01.cgi にリンクします。

    【記述例】
    <a href="simplebbsy01/simplebbsy01.cgi">シンプル掲示板</a>
     
     
  • 設置方法で不明な点がある場合は KENT WEBさんのYY-BOARDのページも参考にするとよいかもしれません。用語などのより詳しい説明や設置のより具体的な方法についての説明も用意されています。
 

Updated on 2004/07/03
Copyright (C) Alche.jp 2003 All rights reserved
Since 2003/09/01